MMORPG「RED STONE」にて細々と活動を再開しそうな、煙WIZの日記・・・の残りカス?  小説っぽいの&徒然なるお話を上げていきます
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
第2話
2007-02-08 Thu 23:35
         【神父の鏡と不良魔法使い】
              ~不良魔法使いのお使い?その2~

「しっかし、コボルトの研究なンかして意味あるのかねぇ~」
ジェスは自分で受けた依頼にも拘らず、
ぶつぶつ言いながらも古都西門から出てコボルトの元へ・・・ 

「おっと、早速発見♪・・・ってオイ」
そこには果たして・・・
のんびりと昼寝しているコボルト達が居た。
「・・・まぁ、いいかっ」
ジェスはその杖を振りかざし、
情け容赦無くコボルトに向かって振り下ろした・・・。

~~~・~~~
「ここまで時間のかかる事でもなかろうに・・・
 いくらなんでも遅い・・・」
ファーガソンは弱怒した。
「お~ぃ、おっさん~」
と、遠くからこちらに向かってくる一人の男が・・・
「・・・まぁ、いいだろう。ところで、依頼の品は手に入れたかね?」
と、ジェスの持っている袋を見た。
「おぅ、受けた以上はきっちりと仕事するさ」
そう言いながらおもむろに袋を逆さまにして
中身をぶちまけるジェス。

「・・・は?」
「は?っておいおい。アンタがコレを手に入れてくれって頼んできたんだぜ?」
そこにぶちまけられたものは・・・
いい具合に焼かれたコボルトの服っぽいものだった!
「私は完全な状態のものを希望したんだが・・・。」
「コレでいいンだろ~?ケチつけてんじゃねぇよ~!」
「いやしかしね、キミ・・・!」
こうして、焼け焦げたコボルトの服は放っておかれ
口論が始まった・・・


「・・・ん?」
口論が始まって約40分(!)が経った時、
一人の男がその現場を通りかかった。
人当たりの良さそうな柔和な雰囲気を漂わせ、
その手には聖書らしき本を携えていた。
「あれは・・・ジェス?」
見れば、ジェスと誰かが言い争っていた。
「だ~か~ら~よ~!そっちがコレを集めて来いって言ったから
 集めてきてやったのに、金は出さんってのはどーいう了見だ?!」
「何度も言っているだろう!確かにこの服を集めて
 欲しいと言ったのは私だ。しかし、私は完全な状態のものを
 望んだのであって焼け焦げたものを望んだのではない。
 だから、依頼を達成したとみなす事は出来ない話だ!」
「だから、多少焦げてると思って余分に持ってきたんじゃねぇか!」
「全部が全部焼け焦げていて使い物にはならん!」
(・・・)
このやり取りを見ていた男は嘆息して二人に近付いていった。
「もしもし、お二方。天下の往来で声を張り上げて
 周りに迷惑だ、などとは思いませんか?」
「何だテメェ、黙ってろ!」「失礼だが邪魔はしないでくれたまえ!」
「・・・はぁ」
どうやら二人とも周りの事が目に入っていない模様。
「出来ればこうはしたくなかったのですが・・・」
と、どこから出したのかその手にはごついホールが・・・。
「いい加減に・・・」
体を思いっきり捻って・・・
「せんかいこのヴォケどもがぁーーーーー!!!」
二人を横薙ぎに殴り飛ばした!!


「―――いや、申し開きの次第もない」
「へいへい、悪かったよ・・・イテテ」
数分後、意識を取り戻した二人は痛みに耐えながら
自分達を吹き飛ばした男を見上げていた。
「まったく・・・ジェスならまだしも、医師であろう貴方があのような
 事をしているのは見るに耐えかねますよ?」
「いやまったくですな・・・。みっともない所を衆人にさらしてしまったようだ」
ファーガソンは落ち着きを取り戻したらしく、
素直に自分の非を認めた。
「それで、どうしてこのような事になったのですか?」
「それはかくかくしかじかで・・・」
「ちょっとネタが古いですが、大体のいきさつは把握できました」
と、横腹を押さえながら突っ立っていたジェスの方を見やった。
「ど~考えても俺が正しいだろ?それを、
 金払わねぇって抜かしやがるからこうなったンだよ」
「ではジェス、食事に行くとしましょう」
「そうそう、昼飯ひるめし・・・ってハァ?!
 金はどうするンだよ?!」
「ファーガソンさんの依頼を正しい形で
 やり遂げなかったジェスが悪いのです。
 というわけで、報酬の件は無効ということで」
「オイオイ・・・いくらレオンでもコレだけは譲れねぇぜ」
「それではもう片方の横腹を差し出して頂く事になりますが?」
「おぅ、昼飯食いに行こうか」
というわけで、
神父でありながら二人を薙ぎ払った男
古都にある教会の管理者兼僧兵、レオナルド・ヴェストールによって
際限無さそうな口ゲンカは幕を下ろしたのだった・・・





つづく・・・
鋭意、設定考え中・・・
スポンサーサイト
別窓 | caution!! | コメント:0 | トラックバック:0
<<寒いのか、暑いのか・・・ | ~~煙一筋~~ | 2月は多忙・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ~~煙一筋~~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。